伊勢志摩鳥羽のトピックス

活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。

地元、志摩市にある三重県立水産高等学校を卒業後、英虞湾であおさ海苔の養殖をはじめ
外海ではワカメの養殖など、常に最先端の水産養殖業をされてきた経験のある
丸保商店の浜口社長。
「あおさの養殖はワシが元祖なんやでぇ~」と人懐こい笑みで話された。

その後も社長は活魚問屋経営にいたるまでの話は続いた。
が・・・。
勿体ないので、この話はまた後日いたします。

社長曰く、何故、安乗の魚が旨いんですかと質問すると・・。
以下の内容となった。

伊勢湾へ木曽三川や宮川の多量の淡水が流れ込み、

安乗沖はちょうど黒潮と合流して混ざり合い栄養豊富な海域となります。
その為、プランクトンが育ちやすく多くの魚介類が集まる日本でも有数の漁場となっています。

三重ブランドの伊勢海老、とらふぐ(あのりふぐ)、アワビなど、それぞれ旬の時期には脂がのった素晴らしい魚介類が水揚げされます。

活魚問屋丸保商店は、安乗漁港で水揚げされる最高級の魚介類にこだわっています。

との事です。


天然とらふぐの「あのりふぐ」を捌(さば)いているところの動画です。
丁寧に調理されている動画を是非ご覧ください。

ここからは、今回開設した通販ページに掲載した商品写真の説明をさせていただきます。
全商品、地元価格です!
マジお値打ちですよ!!


あのりふぐ鍋セット
[約3人前から4人前用]約1kgの「あのりふぐ」を使用しております。
ふぐ身・ふぐあら・てっ皮・とうとう身・ぽん酢200ml・紅葉おろし・ねぎ
※「あのりふぐ」とは、伊勢湾を含む遠州灘から熊野灘にかけての海域で漁獲される体重700グラム以上の天然トラフグのことで志摩の国漁業組合の安乗(あのり)漁港を中心に水揚げされることから「あのりふぐ」と呼ばれています。


天然黒アワビ
今が旬の天然黒アワビ! 食べ頃です! 伊勢志摩の4番バッターです♪


天然ホラ貝
コリコリ食感のお造りは最高ですよ?♪ 最近では海水魚飼育マニアの間で水槽の苔取りに大活躍のホラ貝君です! こちらもオススメです!


ヒオウギ貝
焼いても良し♪ 煮ても良し♪ 揚げても良し♪ どんな料理でも抜群のヒオウギ貝は地元ではアッパ貝やバタ貝とも呼ばれています。


サザエ
壷焼きはもちろん♪ お造りや煮貝など食べ方は工夫次第、サラダなどにも合いこちらも伊勢志摩の4番バッターです♪


伊勢海老
伊勢志摩の王様♪ 伊勢海老です! お造り、焼き、ボイル、天婦羅♪ どんな料理でも伊勢志摩の不動の4番バッターです♪

活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト
http://anorifuguya.com/
有限会社 丸保商店(まるやすしょうてん)
TEL 0599-47-4158
住所 〒517-0507 三重県志摩市阿児町安乗855-6

活魚問屋丸保商店さんは何と! 料理旅館も経営されております!
大将が目利きした新鮮な料理が自慢の「料理旅館まるやす」へのご予約は
下記ホームページからどうぞ!
http://www.maruyasu.info/

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩で南勢書写研究会
  2. 「つづきは三重で」第2弾、ネットで予告動画
  3. 大賀ハス:玉城・田丸城跡内堀で見ごろ /三重
  4. 観光特急「しまかぜ」 10月10日から京都定期運行
  5. Googleの2013年急上昇ランキング発表
  6. ミカンの皮に自在に描く 御浜の研究室が新技術
  7. かつて無いシナジー効果を生む『やきそば牛丼』を食べてみた
  8. 三重県紀北町内五つの峠を案内 紀北町がマップ作製

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP