伊勢志摩鳥羽のトピックス

海と山の食材持ち寄り「食のワークショップ」-三重県志摩市と岐阜県郡上市のおかみの会

地域の郷土料理を見直し後世に残そうと活動する三重県志摩市と岐阜県郡上市の
旅館や民宿のおかみたちのグループ「志摩いそぶえ会」と
「明宝ビスターリマーム」が6月28日、志摩文化会館(志摩市志摩町)で
お互いの地域の食材を持ち寄り「食のワークショップ」を行った。


「志摩いそぶえ会」と「明宝ビスターリマーム」が食のワークショップ

 志摩の「手こねずし」や「おんこずし」、岐阜の「朴葉ずし」や
「たかたかまんま」など地域に伝わる郷土料理を見直し地域の人たちを
集め料理教室などを行ってきた両グループ。
両市は2011年に友好都市提携協定を締結しており、この日はお互いの食材を
持ち寄り調理することで新たなメニュー作りやさらなる民間交流の発展を
目指して実施した。

 志摩からは天然のタイやサザエ、ホラガイに海草のアカモク、
アラメなどが、郡上からは朴葉、ススダケ(ネマガリダケ)、エゴマ、
郡上みそ、明宝ハムなどを用意。
アジの干物などの身をほぐして混ぜたメシに味付けされたススダケを
載せた料理や郡上の豆腐とおからに志摩のアカモクをつなぎにした
ハンバーグなど即興で約20品の料理が完成した。

 志摩いそぶえ会の伊藤泰子会長は「時間が2時間しかなかったがうまくできた。
もう少し時間があればもっとお互いの食材の特徴を理解し合いながら
いいものができたと思う」とコメント。
明宝ビスターリマームの石田賀代子会長は「それぞれの料理を覚えることが
できた。今後も交流を進めていきたい」と感想を漏らした。

 明宝観光協会の國田義道会長は「このように民間同士で楽しく交流する
ことはとてもいいこと。
交流を重ね新たなメニューが完成すればすばらしいこと」と期待を込めた。
ソース〈伊勢志摩経済新聞

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 春の訪れ、鳥羽・相差でヒジキ漁が解禁-実は三重県のヒジキ全国1位…
  2. 松阪で撮影使用の古民家公開 映画「きいろいゾウ」
  3. 少子高齢化対策に金券配布 鳥羽市
  4. 三重県南伊勢町「土実樹(つみき)」今年は大成功!!パッションフル…
  5. G7各国首脳の到着を待つ伊勢神宮内宮前のメディアの様子
  6. 志摩スペイン村に新ライドアトラクション-フラメンコショーも新たに…
  7. 「おしゃべり妨害装置」スピーチジャマー
  8. isesinbun 新宮紀宝道路に5000万円 新規事業に採択

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com