伊勢志摩鳥羽のトピックス

海と山の食材持ち寄り「食のワークショップ」-三重県志摩市と岐阜県郡上市のおかみの会

地域の郷土料理を見直し後世に残そうと活動する三重県志摩市と岐阜県郡上市の
旅館や民宿のおかみたちのグループ「志摩いそぶえ会」と
「明宝ビスターリマーム」が6月28日、志摩文化会館(志摩市志摩町)で
お互いの地域の食材を持ち寄り「食のワークショップ」を行った。


「志摩いそぶえ会」と「明宝ビスターリマーム」が食のワークショップ

 志摩の「手こねずし」や「おんこずし」、岐阜の「朴葉ずし」や
「たかたかまんま」など地域に伝わる郷土料理を見直し地域の人たちを
集め料理教室などを行ってきた両グループ。
両市は2011年に友好都市提携協定を締結しており、この日はお互いの食材を
持ち寄り調理することで新たなメニュー作りやさらなる民間交流の発展を
目指して実施した。

 志摩からは天然のタイやサザエ、ホラガイに海草のアカモク、
アラメなどが、郡上からは朴葉、ススダケ(ネマガリダケ)、エゴマ、
郡上みそ、明宝ハムなどを用意。
アジの干物などの身をほぐして混ぜたメシに味付けされたススダケを
載せた料理や郡上の豆腐とおからに志摩のアカモクをつなぎにした
ハンバーグなど即興で約20品の料理が完成した。

 志摩いそぶえ会の伊藤泰子会長は「時間が2時間しかなかったがうまくできた。
もう少し時間があればもっとお互いの食材の特徴を理解し合いながら
いいものができたと思う」とコメント。
明宝ビスターリマームの石田賀代子会長は「それぞれの料理を覚えることが
できた。今後も交流を進めていきたい」と感想を漏らした。

 明宝観光協会の國田義道会長は「このように民間同士で楽しく交流する
ことはとてもいいこと。
交流を重ね新たなメニューが完成すればすばらしいこと」と期待を込めた。
ソース〈伊勢志摩経済新聞

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 草木染め工房 「遊」
  2. 全国の温浴施設に尾鷲特産コーナー 「商品知ってもらえれば」
  3. 「カップルで鳴らして」 志摩・渡鹿野島に新スポット ハート型の鐘…
  4. 伊勢志摩経済新聞「伊勢志摩の風と太陽」テーマにフォトコン-iPa…
  5. 夏の全国高校野球三重大会 64校組み合わせ決定
  6. 伊勢神宮外宮で日本観光祈願祭
  7. 鳥羽 海と日の出を楽しもう 「答志島ブルーフィールド」が完成
  8. ムツの煮付け

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP