伊勢志摩鳥羽のトピックス

海の博物館が三重県内の現役海女数を調査

 三重県鳥羽市の「海の博物館」は15日、県内で活動している現役海女の人数が761人との調査結果を発表した。2010年の前回調査に比べて212人減少した。三重県の海女は全国最多だが、減少傾向がくっきりと示された。

調査は今年6~10月、漁業権を持ち素潜り漁で生計を立てる海女の人数を把握するため、海女が所属する鳥羽、志摩両市の漁協にアンケートを取るなどして実施した。海女の平均年齢は鳥羽市が65・0歳、志摩市が65・9歳。20代は4人、30代は17人しかいなかった。

石原義剛館長は「4年前に比べ21・8%もの大幅減だ。海女の収入を増やすことが海女文化を維持していくために重要だ」と話している。博物館の調査で、県内の海女は1972年に4124人いたが、それ以降は減少の一途をたどっている。

三重県は海女漁の振興を図るため、アワビの稚貝を放流するなどしている。

スポニチより転載

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 躍動する民衆、勇壮な火祭り 全国の民俗行事30点 中国人ホテルマ…
  2. 西条のだんじり伊勢に
  3. ひれ酒を酌み交わし、美味しい海の幸料理で男子4人旅を満喫! (安…
  4. 松阪で撮影使用の古民家公開 映画「きいろいゾウ」
  5. 南伊勢町 竈方祭の御座船復活 半世紀ぶりに再現
  6. おとや S1丼
  7. アオサの味噌汁
  8. 三重県南部の津波碑など碑100基紹介 南伊勢高・新田教諭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP