伊勢志摩鳥羽のトピックス

鳥羽水族館 イッカクの角にタッチ 3メートルの標本展示


【イッカクの角に触る来館者、天井近くに展示しているのはイッカクの剥製=鳥羽市の鳥羽水族館で】
写真=伊勢新聞

三重県鳥羽市の鳥羽水族館で、所蔵するイッカクやシーラカンスなど貴重な標本を展示し、実際に触ることのできる企画が、このほど始まった。五月六日まで。

 イッカクは、北極海にすむ幻のクジラと言われ、伝説の一角獣「ユニコーン」の角のモデルと言われている。雄だけが持つ角は歯が変形して伸びた牙で、平均で二メートルほどになるが、今回の標本の長さは約三メートル。展示はアクリルガラスに覆われているが、一部に触れることができ、来館者は興味深そうに触っていた。

 ヒゲクジラの口の中に生えているひげや四億年前に現われたと言われ、生きた化石として知られるシーラカンスの仲間の化石など貴重な標本を展示。ほかにも二億五千年前の海で生きていたアンモナイトや三葉虫の化石もある。

ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「みえセレクション」第2弾を認定 大都市圏で販路拡大
  2. 三重県度会町 「ふるさと農道」が開通
  3. 若者定住で町職員と住民が知恵絞る 南伊勢
  4. チゲ鍋 たまり場@南伊勢町村山
  5. 「神さんま」が最優秀に 熊野の土産物コンクール
  6. 三重・賢島が急浮上=16年サミット、警備を重視
  7. 尾鷲マグロでウインナー 「ブランド力」アップ狙う
  8. 室町時代の道の跡発見 大紀・野添大辻遺跡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP