伊勢志摩鳥羽のトピックス

鳥羽水族館で「スナメリシンポジウム」-スナメリ飼育記録50年記念で

全国の水族館関係者や水産庁、学識経験者スナメリに興味のある
一般の人ら72人が出席しスナメリについての研究成果や飼育事例など
発表する「スナメリ国際シンポジウム」が8月21日・22日、
鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)レクチャーホールで開催された。


水槽の中でとても愛くるしい仕草をするスナメリ、飼育記録50周年でシンポ

 同シンポは、今年同館がスナメリの飼育を開始してから
50周年を迎えたことから同館とスナメリ研究会の主催で開催。
スナメリの飼育技術の進展と将来の資源管理をテーマに議論を深めた。
参加者には韓国の「釜山(プサン)水族館」や、
国内の「マリンワールド海の中道」(福岡県)、
「下関市立しものせき水族館・海響館」(山口県)、
「宮島水族館・みやじマリン」(広島県)、
「神戸市立須磨海浜水族園」(兵庫県)、
「海遊館」(大阪府)、
「太地町立くじらの博物館」(和歌山県)、
「名古屋港水族館」「南知多ビーチランド」(愛知県)、
「横浜八景島シーパラダイス」(神奈川県)など
水族館関係者の姿も多くあった。

 スナメリは、小型の歯クジラの仲間で、ペルシャ湾から
日本にかけてのアジアの海に生息。
日本沿岸では大村湾、有明海、瀬戸内海、伊勢湾、三河湾、
東京湾、鹿島灘、仙台湾などに生息。
体長1.5~2メートルで薄い灰色、皮膚はホットケーキのように
非常に柔らかい。イルカのようにクチバシや背ビレがなく
丸い頭をしているのが特徴。胸ビレはかじをとる役割をして
5本の骨がある。

 同館館長でスナメリの飼育・研究を今も続ける古田正美さんは
「1973(昭和48)年に地元の漁師から『スナメリいらんか?』と
保護されたスナメリを譲り受けたのがきっかけで飼育。
初めは全くの手探りだった」と当時を振り返る。
「現在、鳥羽に6頭、南知多に2頭、宮島に5頭、しものせきに6頭、
海の中道に3頭、大分マリーンパレス水族館・うみたまご(大分県)に
1頭の計6館23頭(雄10頭、雌13頭)が飼育されている。
23頭では継続した教育展示は難しく、飼育頭数の増加を目指す
必要がある」と訴える。

 鳥羽水族館の若林郁夫さんは、今年5月2日に生まれた子どもの
飼育状況について詳しく説明。
50年で16回の出産が行われ、その飼育経験を元に今も24時間体制で
人工哺育を行っている様子などを紹介した。
そのほか、海の中道とうみたまごとしものせきの3館が連携し
瀬戸内海西方海域スナメリ協議会を立ち上げ、砂浜に打ち上げられる
スナメリの調査(ストランディング調査)を地域住民や漁業者を
巻き込んだ取り組みなどを紹介した。

 横浜八景島シーパラダイスの職員は
「8年くらい前に東京湾で保護されたスナメリの新生児を飼育したことが
あった。
(現在は飼育展示していないが)東京湾にもスナメリは生息しているので
近い将来に飼育することになるかもしれないので
シンポジウムに参加した」と話す。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩を舞台にした海女小説「いそぶえ」
  2. 鳥羽の神島 豊作願い「オケゾコ」 磯着姿で海藻まく
  3. 鳥羽の神島 天然ワカメ刈り取り 海女ら連日の作業
  4. きんこ焼酎 志州隼人
  5. アオサの味噌汁
  6. 三重大ブランドの紅茶販売 学生ら開発参加
  7. 神宮奉納大相撲に向け力士ら伊勢入り
  8. 南伊勢町 竈方祭の御座船復活 半世紀ぶりに再現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP