伊勢志摩鳥羽のトピックス

10年前の夫からはがき 鳥羽のタイムカプセル

鳥羽市安楽島町の主婦坂本美佐子さん(75)宅へ、
昨年夏に七十五歳で逝った夫の好(よしみ)さんから
はがきが届いた。

夫・好さんが10年前に書き、今秋届いた手紙を眺める美佐子さん
=鳥羽市安楽島町の自宅で
写真=中日新聞

二〇〇三年に十年後の開封・発送の趣向で催された市内の
タイムカプセルイベントで好さんがしたためていた。
「毎日元気で居(い)るかな」。
語り掛けるような文面は、独りで暮らす美佐子さんの心を温めている。
届いたのは今年十月中旬。
外出先から帰宅した美佐子さんは、郵便受けから取り出した
複数の郵便物の中に、灯台などの絵が印刷されたはがきがあるのに気付いた。
差出人を確認すると、一二年八月に脳の病気で亡くなった好さんだった。
鉄鋼メーカー社員だった好さんとは一九六二(昭和三十七)年に結婚し、
娘二人をもうけた。
仕事熱心で、旅行などの家族サービスも積極的。
常に周囲を気遣う性格だった。
「心の優しい人で、楽しい思い出しかない」と美佐子さん。
そんな最愛の夫と死別し、沈みがちだった中で届いた天国からの一枚に驚いた。
内容を読み、事態が飲み込めた。好さんが書いたのは、
散策イベント「歩かん会」で市内の離島・菅島を訪れた〇三年十月四日。
島内では当日、菅島灯台の点灯開始百三十周年にちなんで
鳥羽海上保安部などが、絵はがきを使ったタイムカプセルイベントの
参加を呼び掛けており、それに応じていた。
「毎日元気で居るかな」「二人で鳥羽の歩かん会へも行ってるかな」…。
文章は全部で七十字程度ながら、問い掛けるような文脈は逆に、
妻への愛情が将来も揺るがないとする宣言のように映る。
美佐子さんは「届いたときは感激で涙が止まらなかった。
夫が残した自分宛ての唯一のはがき。宝物です」。
遺影のそばに置き、大切にしている。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 湯快リゾートでグランピングが楽しめる!天然温泉×グランピングご予…
  2. 幸寿司の『新志摩名物 てこね巻き』!!
  3. 熊野の丸山千枚田 オーナーら棚田で「あぜ塗り」 100人体験
  4. アナと雪の女王 「とびら開けて」 のパロディ 「ギックリと腰の大…
  5. 山崎豊子さん死去:小説執筆で滞在、使用の机を保存−−三重・志摩観…
  6. 伊勢神宮・御園祭 農業の発展祈る
  7. 鳥羽の賀多神社 組み立て式の能舞台を修復 来年の遷宮向け
  8. 書籍「三重の建築散歩」-三重県の歴史的建築物と町並み50選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com