伊勢神宮式年遷宮

伊勢 内宮で神嘗祭 遷御の儀後、初

isesinbun

伊勢市宇治館町の伊勢神宮内宮で十六日夜から
十七日夜にかけて、年に一度の大祭
「神嘗(かんなめ)祭」が営まれた。
二十年に一度の神宮式年遷宮の「遷御の儀」を
今月二日に終え、新たな宮での神嘗祭は初めて。
神前に新穀や山海の幸を供える二回の大御饌(おおみけ)、
天皇陛下のお使いの勅使を迎えて布を納める奉幣(ほうへい)、
雅楽の歌や舞をささげる御神楽(みかぐら)と
一連の祭儀を通じて、皇室の発展や五穀豊穣(ほうじょう)、
国民の平安などを祈願した。
最初の儀式の由貴夕(ゆきのゆうべの)大御饌は、
十六日午後十時ごろに始まり、池田厚子祭主や
鷹司尚武大宮司以下神職約三十人が奉仕した。
神楽殿近くの忌火屋殿前に、市内の神田で育てた米で作った
蒸し飯や酒に、アワビ、伊勢エビといった品々を納めた
辛櫃(からひつ)を並べておはらいし、
天照大神を祭る正宮や神域内の各別宮に運んで供えた。
続いて十七日午前二時ごろから、
由貴朝(ゆきのあしたの)大御饌が同様にあった。
同正午の奉幣の前には、陛下が寄せられた稲束
「懸税(かけちから)」が、全国からの初穂と共に正宮の
垣根に掛けられた。
外宮での神嘗祭は、内宮よりまる一日早く進められた。
同祭は、六月と十二月の月次(つきなみ)祭と合わせて、
一年の祭りで特に重要な「三節祭」に位置付けられている。

伊勢新聞

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 来月5日から遷宮渋滞対策 臨時駐車場やシャトルバス 伊勢市など
  2. isesinbun 外宮 夜明け前から大行列 2000人超、新正宮に参拝
  3. にほん風景遺産~式年遷宮の伊勢 メ~テレ23日放送
  4. 行く前に是非!簡単で分かりやすい伊勢神宮(外宮・内宮)
  5. isesinbun 伊勢 「初穂船」が浸水式 遷宮機に造り替え
  6. 「あのりふぐ」内宮奉納 大漁と安全祈願
  7. 伊勢神宮外宮のご正殿も公開-20年に一度の式年遷宮で新たに
  8. 三重県立図書館 伊勢参宮の資料展示 江戸時代の名所図絵など

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com