伊勢神宮式年遷宮

伊勢 別宮でも遷御の儀 荒祭宮で始まる

isesinbun

伊勢市宇治館町の伊勢神宮内宮の神域内にある別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)で十日、第六十二回神宮式年遷宮の「遷御の儀」が営まれた。
鷹司尚武大宮司以下、神職約四十人が奉仕し、すでに終了した内宮、外宮の両正宮と同様に、ご神体を旧社殿から新社殿に移した。
同市を中心に十四ある別宮の中では、最初の遷御となった。
伊勢神宮式年遷宮広報本部などによると、別宮での式年遷宮の諸祭行事は、両正宮より数が少なく祭主や天皇陛下のお使いの勅使が出ないなど、全体的に規模が小さい。
が、儀式の手順はほぼ同じという。
この日の遷御の儀は、参拝停止後の夜に始まり、神職らがちょうちんの明かりを頼りに正宮裏手の荒祭宮に参進した。
鶏をまねた「カケコー、カケコー、カケコー」の声を合図に、午後八時ちょうど、神職の列が、白い絹垣で隠したご神体と、神宝類を持って旧社殿を出て、屋根付きの回廊を渡り、新殿に納めた。
これに先立ち、同日午前十時ごろには新殿内を飾る「御飾(おかざり)」が執り行われた。
十一日には大御饌(おおみけ)と奉幣(ほうへい)の儀式がある。
十三日夜には、外宮神域の別宮、多賀宮(たがのみや)の遷御を予定している。

■別宮
伊勢神宮の百二十五社の中で、内宮と外宮の二つの正宮に次ぐ重要な格付けで、市内を中心に十四社ある。
系列に分かれ、荒祭宮は内宮第一別宮、多賀宮は外宮第一別宮とされる。

isesinbun

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢 神体納める器、新正殿に 内宮で御船代奉納式
  2. 「あのりふぐ」内宮奉納 大漁と安全祈願
  3. [伊勢神宮]式年遷宮プロモーションビデオ
  4. 全国から伊勢神宮・神嘗祭お祝い エイサー、木やり歌
  5. せんぐう館 伊勢参宮の今昔 絵図やパネルで紹介
  6. 『伊勢の神宮』式年遷宮記念切手・神宮桧材が限定販売
  7. お白石持、にぎやかに幕
  8. 伊勢神宮を創建したヤマトヒメを歌った曲「倭姫命」-天地人がCDリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com