伊勢志摩鳥羽観光情報

世界最大のホシエイ、飼育1万日達成ー志摩マリンランドで大きさ測定も

志摩マリンランド(三重県志摩市阿児町神明、TEL 0599-43-1225)で
飼育展示中のホシエイが9月30日、飼育1万日を達成した。
空気ボンベを背負った飼育職員2人が、飼育1万日を記念して体長を計測した。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=伊勢志摩経済新聞
志摩マリンランドのホシエイ-飼育記録10000日

1986(昭和61)年5月15日に入館したホシエイは、同市大王町波切沖の
定置網に掛かった雌。
入館時の全長は約1メートル。
「飼育記録25年」で日本一を更新した2011年5月に計測したときには、
尻尾の長さを入れた全長2.85メートル、
尻尾を除いた体盤長2.05メートル、
体盤幅2.04メートルと畳2畳分以上の大きさにまで成長していた。
水温約20度、縦10メートル、横10メートル、深さ2.4メートルの
水槽では鼻先を水面に出しながら立つようにしてターンするが、
そのたびに愛らしい表情の顔を見せている。
来館者はその大きさに驚きながら、顔のかわいらしさにほほ笑んでいる。
ホシエイは軟骨魚網トビエイ目アカエイ科に属し、
本州北部から北海道と朝鮮半島沿岸域で生息。
座布団のような形をし、尻尾の付け根に毒針を持つ。
背面に星のような白い斑点が線を引くように並ぶのが特徴。
生態はまだ分かっていない。
体盤幅が8メートルに達するという同じエイの仲間トビエイ科の
オニイトマキエイ(マンタ・レイ)の大きさには及ばない。
1985(昭和60)年6月入館で飼育記録を更新する
東海大学海洋科学博物館(静岡県静岡市)の同じアカエイ科の
マダラエイに次ぐ。
同博物館の広報担当の手塚覚夫さんは
「ホシエイの1万日飼育記録はすごい」と称賛。
同館の里中知之館長は「ホシエイの飼育記録日本一は間違いないが、
世界の水族館でも例がないようなので世界一だろう。
『寿カンパチ』のように人気者になってほしい」と話す。
この日、飼育員2人が長いロープを持ってホシエイの体長を測定したが、
2011年当時とほとんど変わっていなかった。
開館時間は9時~17時。
入館料は、大人=1,250円、中高生=700円、
小学生=500円、幼児(4歳以上)=300円。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 初詣はシャトルバス利用を 伊勢神宮周辺
  2. 三重県内の海水浴場 放射能濃度調査 全地点で不検出
  3. 名鉄観光の宿泊予約サイト
  4. chunuchisinbun 国文化財登録で志摩市が式典 安乗埼と大王埼の両灯台
  5. 横輪桜見頃です
  6. 120種450株見頃を迎えた「神宮ばら園」 入場無料 
  7. 県内の市街地を網羅 グーグル「ストリートビュー」
  8. 神様のパワーがリフレッシュ!? 出雲大社と伊勢神宮へ今年行くべき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com