伊勢志摩鳥羽観光情報

金色のイシガレイ展示 鳥羽水族館


鳥羽市の鳥羽湾で金色のイシガレイが見つかり、
鳥羽水族館で展示されている。
通常の体色は土色か灰色だが、水族館によると、
黒っぽくするメラニン色素が何らかの原因で抜け落ち、
黄色が強く表れた黄化個体という。
金色カレイは体長47センチ、重さ700グラム。
雌雄不明。
鳥羽市桃取町の漁師清水政喜さん(49)が21日未明に底引き網で捕獲。
「30年漁師をやって、こんな色は初めて」と
翌日、水族館に持ち込んだ。
金メダルを連想させる魚に
「ソチ五輪開幕直前の話題で盛り上がっている中、偶然とはいえ驚いた」と担当者。
海の底から現れた様子は、前回大会で金メダルなしだった日本勢が飛躍する予兆?
ソース(中日新聞)

運気上昇? 黄金色のカレイ 鳥羽水族館で展示
来月開幕するソチ五輪を前に、鳥羽湾で捕獲された黄金色の
イシガレイが鳥羽市の鳥羽水族館に入館し、このほど展示が始まった。
黄金色のイシガレイは、今月二十一日の午前零時ごろ、
鳥羽湾で操業していた同市桃取町の清水征喜さん(49)の底引き網に掛かった。
清水さんは「金色に光るものが見えた。漁師を三十年やっているが、
初めて見た色のイシガレイだった。
運気が上がりそうなので水族館で多くの人に見てほしい」と言って、
二十二日に同館へ持ち込んだ。
本来、イシガレイの体色は、砂泥地など生態環境に合わせて、
土色や灰色をしている。
同館によると、金色のイシガレイは体色を黒くするメラニン色素が
何らかの理由で抜け落ちて黄色が強く現われる「黄化固体」であるという。
黄金色のイシガレイは体長四七センチ、体重は七〇〇グラムと大きく、
展示室では目立つ存在。
館内の「へんな生きもの研究所」で一般公開されている。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩マリンランドは癒しの水族館!
  2. 「伊勢神宮」の魅力伝える写真集-祭典や神宮森の野鳥など、Kank…
  3. 千鳥ヶ浜海水浴場
  4. 「船舶免許不要」2馬力船外機付きミニボートレンタル人気ー志摩市・…
  5. 「遊泳禁止」御座白浜海水浴場は凄い波です!
  6. 近鉄電車 「しまかぜ」に続いて新観光列車「つどい」を運行
  7. 伊勢神宮内宮の近く内宮おかげ参道にてハート型の石積みを 発見!!…
  8. 神話体験館「おかげ座神話の館」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP