伊勢志摩鳥羽の祭り

ボラさばき大漁祈願 浜島で「盤の魚神事」

chunuchisinbun

出世魚のボラを、包丁と箸を使い、直接手を触れることなくさばく「盤(ばん)の魚神事」が十一日、志摩市浜島町浜島の浜島宇気比(うけひ)神社であった。
手を触れずにさばくことで魚を清め、大漁と海上や家内の安全を祈願する。
古くから伝わる新春の地域伝統行事。
ボラをさばく役を地元の井上家が世襲しており、井上伴大(ばんだい)さん(47)が、かみしも姿で右手に包丁、左手に箸を持ち、体長五〇センチほどのボラをさばいていった。
大勢の住民らがカメラを構えるなどして見守る中、井上さんは鮮やかな手さばきでボラを三枚におろして切り身に。
元の魚の形になるよう並べて、頭と尾を立てて整えると、参列者たちから拍手が起こった。
この切り身は縁起物とされており、紙に包んで参列者たちに配られた。
続いて弓引き神事があり、ともに浜島中学校二年の山崎成(しげる)君(13)と浜口慎太郎君(13)が、力強く矢を放った。

中日

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 第19回ええじゃんかまつり
  2. 頭之宮四方神社 除夜祭
  3. 46年ぶり「還城楽」 神宮内宮で春季神楽祭
  4. 伊勢まつり
  5. isesinbun 夏の夜彩る折り鶴と花火 きほく燈籠祭に5万3000人
  6. 1分間に140回つく志摩市の「恵利原早餅つき」、元旦から引っ張り…
  7. 観光客ら夜の水族館を満喫 「賢祭」にぎわう
  8. 「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com