伊勢志摩鳥羽のお取り寄せなど

<海さち山さち>三重県志摩市 アオサ 網の調整で輝く緑に

入り組んだ海岸線が続く三重県志摩市。
波の静かな湾内で、海藻の一種、アオサが盛んに養殖されている。
一月下旬に始まった収穫は、これからが最盛期だ。
 アオサは、一般にノリのつくだ煮の原料やみそ汁の具に用いる。
九月に種をつけた網を、一般の黒ノリのように「のりそだ」と呼ばれる海中に立てた木や竹の枝に張って養殖する。
 英虞(あご)湾で、アオサを養殖する中村守さん(74)、澄子さん(72)夫妻はこの時期、三日に二日は朝から船で出掛け、海中からアオサの網を引き上げる。
 浅瀬ののりそだで、ある程度育てたアオサを、成長のいい海中に移動させ、育てるのが中村さんのやり方。若いアオサは、水に漬かりっ放しだと、他の海藻に負けてしまう。
干潮で水が引く高さに網を張り、育てる。
成長の段階や季節ごとに、こまめに高さを調節する。
 「秋の管理でアオサの出来が左右される。今年は質はいいが、寒いから量は少ない。毎年勉強です」と守さん。刈り取りは、四月まで続く。
 網を上げた後も作業は続く。脱穀機のような機械で網からアオサを外し、異物や汚れを取るため入念に洗う。脱水、乾燥機で乾燥…一日がかりだ。
乾燥したアオサは、異物が入っていないか、さらにチェック。
アオサには、漁業者の手間暇が掛けられている。
 志摩市では昭和二十年代にアオサの養殖が始まった。
四十年代には、不振に陥った真珠養殖に代わる産物として生産が急増。
最近は作り手の高齢化などで減少傾向だが、生産量は日本一。
三重県漁連によると、同県では昨季、全国の六割に当たる約五百トンを出荷。
このうち同市の生産が半分。全国に占める割合は約三割という。
「アオサなど海藻の良さを知ってほしい」と市内の民宿や飲食店のおかみさんらでつくる
志摩いそぶえ会」は、アオサを中心に、市内で採れる海藻の調理法をまとめ、五年前からホームページなどでPRしている。
会員が考案した調理法も。料理旅館「和洲(わしゅう)閣」のおかみで、いそぶえ会会長の伊藤泰子さん(71)は「天ぷらや酢の物など、アオサ料理を出す旅館や店も増えている。アオサの売り上げが増え、地域全体が元気になれば」と願う。
引用元:http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2013021602000131.html

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三重ブランド「あのりふぐ」の美味しい季節の到来!!
  2. ふじや山下のクルミット♪ スイーツ好きにはたまらない逸品です♪
  3. 醤油本来の味を楽しめる「伊勢醤油本舗」 in おかげ横丁
  4. 女性に大人気!! ハート型のあこや真珠
  5. 三重県漁連 「伊勢まぐろ」初出荷へ 養殖魚、お披露目
  6. イセエビ高騰 伊勢志摩
  7. 伊勢志摩産のシッタカ(尻高)酒の肴に最高です♪
  8. 笹野軒の『ぼた餅』は年中『ぼた餅』として売られていることに気づき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP