伊勢志摩鳥羽のトピックス

「なまこ入りたこ焼き」-志摩・浜島産のナマコ・タコをダブルトッピング

志摩・浜島産の赤ナマコとマダコをトッピングした「なまこ入りたこ焼き」が志摩市磯体験施設 「海ほおずき」(志摩市浜島町、TEL 0599-53-1002)の体験メニューに期間限定で初登場した。 

【画像】「なまこ入りたこ焼き」の考案者=井上雅平所長

 同施設は、アジの干物作りや志摩の郷土料理「手こねずし」作りや磯観察や磯遊びなどが体験できる施設で、伊勢エビ漁が解禁になると、伊勢エビ釣りや伊勢エビのつかみ取りなどの体験メニューもあり、人気を集めている。

 「なまこ入りたこ焼き」は同施設所長の井上雅平(まさひろ)さん発案によるもの。もうすぐシーズンオフとなるナマコを最後まで楽しもうと企画した。ネギ、キャベツ、ベニショウガ、トロロイモなど全ての食材を用意。炭火を起こしてたこ焼きプレートで作る体験メニューだ。「ナマコは、最も身が柔らかいといわれる赤ナマコを一口サイズにカットし軽く火を通し下味をつけた。天然の地ダコも用意するので、いろいろな食感を楽しんでもらえれば」と井上さん。

 井上さんは「『なまこたこ焼き』を体験した家族は、ご主人はおいしいと好評だったが、奥さんは先入観からか一口も口にしてもらえなかった(笑)。(食べてもらえれば)焼き肉のミノのような食感でなかなかのもの(でおいしさを分かってもらえるのだが)」と苦笑いしながらも、「タコと同時に楽しみたいなら2種類を、別々にそれぞれの味を楽しみたいなら別々に…。グループでワイワイやりながら楽しんでほしい」と提案する。「変わり種たこ焼きシリーズは、サザエ(4月)、アワビ(5月)も計画中」とも。

 1~4人用の「なまこ入りたこ焼き」体験は18個入り(ナマコ、タコも各18個)1,000円。当日の朝までの予約が必要。同施設の営業時間は9時~16時30分。火曜定休。同体験メニューは3月31日まで。


大きな地図で見る

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 国道42号沿いでミカン販売 尾鷲の西村さん、交通減の中奮闘
  2. 佳子さま伊勢神宮参拝
  3. スナメリ研究者が報告 鳥羽水族館で8月、国際シンポ
  4. 遺作展:伊勢志摩国立公園協会元事務局長・玉置さん制作の海女人形1…
  5. 志摩市観光協会と元事務局長和解
  6. 浜島地区に津波タワー 志摩市、避難施設建設
  7. 鳥羽水族館 イッカクの角にタッチ 3メートルの標本展示
  8. セレモ 伊勢市で葬儀場新築 石吉組が施工

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP